FC2ブログ

銀河の果て-Galaxy-

色々な妄想が詰まった、『腐女子』が書く萌えを叫ぶ場所です。 擬人化(ポケモン・メダロット・カービィ)中心で、最近はカードワースの創作もやってます。

離れていても 聴こえる 声

mind-eyes-99-.jpg

mind-eyes-100-.jpg


連載漫画遂に100P目突入。。♪ヽ(´▽`)/ でもまだまだ続いたり。。(ぇ))
“闇”はジャスデビさんが居た7200年前には居ませんでしたが、、19世紀(200年前))には居ました。。 ジャスデビさんの疑心や絶望が募りに募って出来た疑心が具現化した姿が“闇”というワケなんです。。
ジャスデビさんから見れば“闇”はまだまだ未熟な子供なんですよ(生きてきた年数がかなり違いますから)) だから二人を救い出せれば“闇”も消えるワケです。。

ジャスデビさんが思い出したのは200年前の二人(自身)の姿。。 運命は輪廻する……、信じて裏切られ “希望”が絶望”に変わっていく…その繰り返しを数え切れないほど経験してきたジャスデビさん。。;_;
そこから生まれた真の“闇”……


ココロの状態はいわゆる精神にあたる部分ですから、ココロの持ち主が死んでも死ぬことは無く、永遠に生き続ける…。 死のうとしても絶対に死ねないのです…〃;_;〃 


ココで、23日の日記にも書いた詩↓


信じて 希望を持てる
そして 裏切られる 何度も 何度も

“希望”が“絶望”に変わる その繰り返し

七千年と二百年も 同じ刻-時間-を繰り返し 味わってきた 

死にたくても 死ねない身体  消えない悠久の傷


人を信じて何が『大丈夫』なんだろう 甘い考えはもう捨てた



運命は輪廻する 

何百年 何千年 時が過ぎようと


運命は 変わらない

ただただ 



廻るだけ-……



コレは“闇”の疑心とジャスデビさんの答えが一致した時、200年前のものを表した詩です。。。 現代(今)だと“闇”の心情のみ当てはまる詩ですが。。。



……100P突破したし、ココのページ重要な所だから誰か反応くれないかなー……|)≡[壁^-^;;)(何お前))

……だって、、漫画の反応とか無くて。。。。(*・ε・*;;)(だからって無理にお願いすんなよ))
スポンサーサイト




テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

漫画・ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<暗闇に閉ざされた 虚ろな夢 | HOME | 泣かないで どうか私の言葉を聞いて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |