FC2ブログ

銀河の果て-Galaxy-

色々な妄想が詰まった、『腐女子』が書く萌えを叫ぶ場所です。 擬人化(ポケモン・メダロット・カービィ)中心で、最近はカードワースの創作もやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

次で最終回…のはずです←

こんにちは、カードワースの子達の立ち絵の続き描かないとと使命感に駆られつつ、
キングの番外編のお話を今年中に終わらせたい欲が交互に波打って悶えております←

と、取り敢えず今回はキングのお話の3話目を載せておきます。。

コチラです。

1話目からのリンクも一応貼っておきます。
ちなみにこのお話にも花とその花言葉が含まれております。 
詳しくは最終話UPした時にでも。。

番外編第1話     第2話


あ、2話から3話目に飛ぶように最後にリンク貼っときますね。
…最終的に本当に5話くらいになりそうで本当怖い。。/(^o^)\

…あ、書き忘れましたが、今回の3話目も長いです。2話目よりも←
文字数減らして話数増やすか、文字数増やして話数減らすかのどっちがいいかと悩んで後者に。。
私自身としては1話1話が長い方が楽しめるんですが、少しずつに区切って読むのが好きな人もいるんでしょうけどね…そういった方は本当にすみません><;

3話目で色々詰め込んだせいで急展開気味かな、と思ったんですが
数日しか滞在していない街での時間経過ってこんな感じなのだろうかなとぼんやり思いながら書きました。
不自然であったのならすいません。。 


書いててなんですが、ファーストエイドと復活の明確な違いがこれで合ってるのか分かっていません。。
ファーストエイドのそれは生存していないと、そしてその部位の破損がゼロでない限りは、復活と同じく使えない。でも復活のように装甲や組織を完治に近いまでの回復はする訳でもない…。
ファーストエイドと蘇生なら、対象が破損した上で生きているか機能停止して(or死んで)いるかでの違いはありますが。
メダロットなら機能停止になってしまっても、メダルが無事ならスラフシステムでどうとでもなりますが(完治に時間はかかると思いますが)

今回のお話での場合では、その対象が人です。
レアメダルの子達だろうから、人も治せるんじゃないか、と思ったわけです。
当然のように書いてましたが、レアメダルの子達じゃなくても治せるのかの確証は在りません。
レアメダルの子達だったら確実かな、と思って書いていました。
3原則が無いのなら、何かを壊すも治すも、その生殺与奪の権が彼等にはあるんじゃないかなと。
制限が無いのなら本当に、自由なのかと4でも言われていますが、それはメダロット自身が決める事じゃないかなとも思います。


こうした事を考えていると、そもそもメダロットって何?とか、メダルって何?とか、マザーって何?
…等と色々と疑問が尽きない訳なんですが、漫画版にしろ原作のゲームにしろ、解釈は様々なので一概にこれだ、とは言い切れないんですよね…。


改めてまた振り返ってゲームしたり、他の方達の解釈を読んだり聴いたりするのも楽しそうですね。

スポンサーサイト

メダロット | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<何とか年内に終われました…( ;∀;) | HOME | ポケモン充、カードワース充してました←>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。