FC2ブログ

銀河の果て-Galaxy-

色々な妄想が詰まった、『腐女子』が書く萌えを叫ぶ場所です。 擬人化(ポケモン・メダロット・カービィ)中心で、最近はカードワースの創作もやってます。

メタの誕生日なのに何も出来ないのは



嫌なので、追記のトコにSS投下しておきますー。 多分カビメタ(多分?

前に書いたような気がしますが、今月の23日って『騎士』って意味が含まれてるんですよね(Wik調べなんですがあってるか…?←聞くな)) 確かケータイで調べたら出たんですが…。。;

時間が無いので、今さっき思いついたのを書きます。。 では『追記』からどうぞ。。。
ちなみに『アレだけの事』とは亜空での一件です。(スマXか



「ねぇメタ、今日は何の日か覚えてる?」

カービィがメタナイトに顔を近づけながら問う。 
だが、答える前にこの距離では近すぎる。 ほんのあと少しで唇が触れてしまいそうになる程だ。

『…近い上に何の事か判らない…。 早く離れろ…。』

「えー!? 自分の事なのに覚えてないのメタは? しょうがないなぁ、もう…。」

カービィが呆れて深く溜め息を吐く。 そしてポケットから何かを取り出した。

「はいコレ、今日はメタの誕生日でしょ? ボクに言ってたでしょー?」

カービィはそう言って半ば強引にメタナイトに押し付けた。 
彼女は思い出したかのようにハッとする。 

『…忘れていたな…、色々あって…。』

「まぁ、アレだけの事があればねー。 命掛かってたし。」

『…開けていいのか…?』

「いいよ、どーぞ♪」

メタナイトはカービィから渡された箱を開ける。
するとその中には、海の色の様な宝石が星の形をしており、羽根の付いた首飾りが入っていた。

「キミの誕生月の宝石なんだよ。 “アクアマリン”って言ったかな?
あ、ちなみにボクも宝石は違うけどお揃いのヤツがあるよ。 ほら♪」

そう言ってカービィは自分の首飾りを見せる。 確かに同じ物だ。
彼の宝石は無色だが、最も価値のあるダイヤ。 日の光によって一層輝いて見える。

「でもどうせならボクも色付きの宝石の方がよかったなー。 赤色とか格好いいのに。」

『いいではないか、とても綺麗なのだから。』

「…メタがそういうなら…。」

其処の時点で二人は笑い合った。 二人とも優しく暖かい笑みだ。

『…掛けてもいいか…?』

「どーぞ♪」

メタナイトはプレゼントされた首飾りをそっと取り出し、静かにソレを掛けた。
彼女の細く白い首に映える様にソレは輝いていた。 彼女は少し照れ臭そうにカービィの方を向く。

『…どうだろうか・・・////?』

「すっごく似合ってるよ! 可愛いッ!!!」

カービィはメタナイトに勢い良く抱きついた。 彼女は突然の事に慌てるが嫌そうではなかった。
顔を少し赤らめながらも少し嬉しそうだった。

「コレでメタとの距離が更に縮まったねー、ってもう既に距離差は無いけどね。」

カービィは悪戯っぽい笑みを返す。 メタナイトも笑みを返した。

「でも、今日はメタ大変な日になるかもねー。 
誕生日だから大王とかキミの部下とかが嫌って程祝ってきそうだし…。」

『そッ…それは多分、無い…と思うぞ…。』

「え、何で? メタの誕生日でしょ?」

カービィがキョトンとした顔で尋ねる。 

『…だって…、私の本当の誕生日を知ってるのは、お前だけだから…////』

「え…?」

『…お前にしか教えてないんだよ…、私の誕生日は…/////!』

メタナイトは顔を真っ赤にさせてまた俯いた。 
カービィは一瞬キョトンとしたものの、すぐに嬉しそうな笑顔になった。

「そうなんだ、よかったー。 ボクだけなんだね、メタの誕生日知ってるのって。」

カービィは楽しそうに笑う。 メタナイトは恥ずかしく感じたのか、更に俯いてしまった。

『…そんなに笑うな…////!』

「ゴメンゴメン、でも嬉しいよ。 ありがとう。」

カービィは俯いていたメタナイトの顔を上げさせる。 
彼女の顔は真っ赤で、涙目な状態になっていた。

そしてカービィは微笑んだと思うと、メタナイトの唇にキスを落とした。

「ボクだけが知ってるメタの事…、また一つ増えたよ。



HappyBirthDay メタナイト♪」




――――――
スポンサーサイト



テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

SS(小説) | コメント:15 | トラックバック:0 |
<<ずっと更新しないのもなんなので… | HOME | 間を空けすぎた…>>

この記事のコメント

2011-12-07 Wed 12:56 | URL | ghgkap #nkTm90Tg[ 編集]
2011-12-25 Sun 20:36 | URL | yrkdoocq #UtuqaLwY[ 編集]
2012-01-10 Tue 06:01 | URL | mllwcvxkj #utcTFO9M[ 編集]
ap.txt;5;10
2012-02-07 Tue 10:21 | URL | bJKeQFhQ #qL/YY5LA[ 編集]
ap.txt;5;10
2012-02-07 Tue 14:14 | URL | qWVIHZbMimLrIZ #A6SKDvTA[ 編集]
ap.txt;5;10
2012-02-07 Tue 18:11 | URL | iLzhhhBruK #UJTM5vqg[ 編集]
ap.txt;5;10
2012-02-07 Tue 22:07 | URL | TJwNTXcTY #JvoSrEa.[ 編集]
ap.txt;5;10
2012-02-08 Wed 02:17 | URL | uxlVchxTx #Poq2WnXg[ 編集]
2012-02-09 Thu 12:11 | URL | bdhnuljwopm #FHuL7Qao[ 編集]
b,
2012-02-12 Sun 12:18 | URL | name #4UBtBvtM[ 編集]
a,
2012-02-12 Sun 14:26 | URL | name #2hUvSI4U[ 編集]
a,
2012-02-12 Sun 16:36 | URL | name #4cOjjGvQ[ 編集]
c,
2012-02-12 Sun 18:52 | URL | name #JXAQ97N.[ 編集]
a,
2012-02-12 Sun 21:17 | URL | name #DupQdUZ.[ 編集]
f,
2012-02-12 Sun 23:45 | URL | name #.m7kuO1.[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |